Staff Message

スタッフ紹介

「在宅医療にチャレンジしたい!」
新たな場所で挑戦の日々

薬剤師

2018年 新卒入社

メインビジュアル
イメージ

さんあい薬局に入社したきっかけは?

周りのサポートが充実。
さまざまな診療科の知識が学べる。

企業説明会に参加した際、他社にはないような雰囲気の良さを感じたことや、休みが取りやすくオンオフのメリハリがつけやすいこと、店舗によってさまざまな診療科の知識を学べることに魅力を感じ、入社を決意しました。
また、入社前から在宅医療に関心がありましたので、さんあい薬局が在宅医療に力を入れていることや、この分野に関してしっかりと勉強できるということも、当社を選ぶきっかけになりました。
入社時は、実力不足である点に不安を感じていましたが、分からないことはしっかりと教えていただけるなど、周りの方のサポートが充実しているので、徐々に自信をつけながら成長することができています。
とくに在宅部門に異動してからは、調剤薬局での業務内容とは大きく違っているので、毎日が勉強の日々。そんな時も、当社は雰囲気が良いので「これはどういうことですか」とすぐに周りに確認することができ、日々多くのことを吸収することができています。

現在の仕事内容は?

在宅医療の薬剤師として、
日々、大きなやりがいを実感。

入社後は1年半ほど外来の薬局に勤務し、その後、在宅部門に異動しました。
業務としては、患者さまの自宅に伺い、薬を使っている様子や、薬の効き具合などを確認します。患者さまの体調を確認し、場合によっては、医師や看護師に状況をお伝えしたり、他職種の方々との情報共有も大事にしています。またお薬を渡すだけではなく、医師がなぜその薬を処方したかを薬剤師の立場から説明し、日常生活に関する助言を行ったり、飲み忘れが無いよう、薬の保管場所を提案するなど幅広くケアに関わっています。
在宅医療の面白い部分は、看護師や栄養士、ケアマネジャーなど、他職種の方と協力しながら、患者さんにとって良い状態になるよう対応していくところ。うまくコミュニケーションを取るために、苦労することもありますが、疑問に思ったことはすぐ周りに確認を取るようにして、円滑な対応を心がけています。
イメージ

在宅部門に異動を希望した理由は?

半年に1度、役員や社長と面談。
個人の希望を聞き入れてもらえる。

在宅医療のニーズが高まっていることや、より1人ひとりの患者さまと密接に関わることができるということに魅力を感じ、外来の薬局勤務から在宅部門の薬剤師への異動を希望しました。
まだ入社して間もない頃でしたので、もう少しスキルアップが必要かもしれないと思ったのですが、会社は日々の取り組みをちゃんと見てくれていましたし、やる気も尊重され、希望を受け入れてもらうことができました。当社では、半年に一度、役員または社長と個別面談が必ず設けられています。「これからどのように働いていきたいのか」といった今後のことや、現在の業務内容に関してなど話し合います。
その面談のなかで、個人の意思も汲み取ってもらえるので、望んでいるような働き方も実現しやすいと思います。

これからの目標は?

薬だけではなく、病気に関する知識も深め、
より良い医療を提供できる薬剤師を目指したい!

在宅部門の薬剤師として、まだまだ知識不足のところを実感しているので、先輩に指導していただいたことはしっかり吸収し、スキルを身に付けていきたいと思っています。
当然、薬に関する知識を深めていきたいです。たとえば、薬の飲み忘れや飲みすぎ、薬を飲み込めないなどの患者さまに対してどのように対処すれば良いか。場合によっては、患者さまの状態を診て自分で判断しなくてはいけないこともあるので、病気の名前や、その対処方法、患者さまの状態と薬の関係性についても幅広く学んでいきたいと考えています。
いろんな知識を習得し、さらに、患者さまの状態をしっかり把握するためにも、話を聞き出すコミュニケーション能力も高めていきたいと思っています。
そしていずれは、後輩に指導できるような薬剤師になりたいと思っています。

未来の後輩たちへのメッセージ

地域密着型の薬局だからこそ、さんあい薬局にはさまざまな魅力があると思います。社員の一体感やアットホームな雰囲気ももちろんですが、近隣にいくつもの店舗があるので、転居せずにさまざまな店舗でいろんな科の処方箋に触れることや、在宅医療を経験することができます。このように、常にスキルアップできる環境は、他にはなかなかないのではないでしょうか。薬剤師として、いろんな経験を積みたい、着実にスキルアップしたいという方は、ぜひこの会社を選んでください!
新卒応募・中途応募・
インターン応募・その他問い合わせはこちら
Entry
新卒応募・中途応募・
インターン応募・その他問い合わせはこちら
Entry